スポンサードリンク

2008年03月17日

タイ株の手数料

売買手数料はタイ国内の証券会社の多くは約定代金の0.25%程度となっています。ただし、インターネット取引だとそれよりも割安なところもあります。ちなみに日本のように一日の約定代金から手数料を取るという証券会社は今現在ありません。そのため一取引ごとに手数料がかかります。
また日本の証券会社を使う場合よりタイ国内の証券会社の方が当然割安です。

SEAMICO証券
取引手数料 電話取引0.20%
最低手数料50バーツ
インターネット取引
0.15%

ユナイテッド証券
最低手数料なし 0.25%
一日につき最低手数料
200バーツ


ユナイテッドワールド証券
国内証券手数料:一律固定500バーツ
現地証券手数料:0.4%

アイザワ証券
現地手数料 0.5% (最低1,000バーツ)+付加価値税他 0.0175%+国内手数料 2100円+為替手数料
posted by タイ株 at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

タイ株の税金

タイ株の利益はキャピタルゲイン税がありません。
また配当金については現地にて配当受取時に10%源泉徴収されます。

タイは高度経済成長をし、それを続けていくために、外資資本を必要としています。そのため外資を集めるために、外国人に対する税金を優遇しています。そのためこのような税金体系になっていると言われています。
posted by タイ株 at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

タイ株の配当金受け取り方法

高配当で有名なタイ株の個別銘柄でありますが、気になる配当受け取り方法は以下の3種類になります。

1. e-Dividend(銀行口座へ自動振込)
e-Dividendサービスを申し込むことで、指定するタイの銀行口座に入金できます。
2. 証券会社のお客様の口座へ入金
口座開設時に申込することで、証券会社の口座へ入金できます。
3. 銀行小切手での受取
タイ・バーツ建ての小切手にてご登録住所宛てに郵送されます。
※2の場合証券会社によってできない場合があります。

タイ在住もしくは、タイ国内の銀行口座を持っているなら1が配当金の金額が分かりやすくて良いですね。

posted by タイ株 at 07:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

タイ株の取引時間

タイ株の取引時間は以下のようになります。
注文受付時刻 07:30〜16:30
取引時間 (前場)10:00〜12:30 (後場)14:30〜16:30
プレオープンセッション 09:30〜10:00
クロージングセッション 16:30〜17:00

なおタイの標準時間は日本標準時間-2時間。
日本とタイの時差は2時間あるので注意が必要です。









posted by タイ株 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

タイ株投資の魅力

タイ株投資の魅力にはいくつかあります。
● 経済の発展がまだ続く可能性があり、今後の株価上昇に期待大
● バーツ高による為替差益と株価上昇の相乗効果が期待できる。
● 海外分散投資をする事によるリスク軽減
● タイ旅行に来ても、為替を気にせず旅行を楽しめる
● 日米市場と比べてタイ市場は市場規模が小さい為、株価が割安に放置されている。
● 現地証券会社に口座を開くことで直接投資ができる。などです。


posted by タイ株 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。